医療法人さくら会
グループホーム さくらの家

グループホームとは
グループホームとは、住み慣れた自宅での日常生活を送られる事が一人では困難となり介護を必要とされる認知症の症状の高齢者の方が、5人から9人を単位とした小規模・少人数のグループとなり、家庭的な雰囲気のもとで専門職員による入浴・排泄・食事等の介護サービスを受けながら、自立した日常生活を営む共同生活住居です。
認知症高齢者を生活の主体者としてとらえ、個々の生活を重視し、一日中家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることにより、認知症の進行を穏やかにし、「家庭介護の負担軽減」をお手伝いいたします。
利用定員:9名(全室個室)
利用できる方:要支援2、要介護1以上で『認知症』の診断があり、共同生活を送るのに支障がない方。


トップページへ戻る